悪玉コレステロール値改善には食事

悪玉コレステロール値改善には食事

生活習慣病や動脈硬化などの病気が増えてきているようですね。

血液検査の結果が怖い・・・なんて人多いんじゃないですか?
生活習慣が乱れると様々な問題が出てきます。その中でも食生活の乱れは病気の元です!
LDLコレステロールって知ってますか?

 

このLDLコレステロールは悪玉コレステロールと言われ、血中に増えることによって様々な問題を引き起こします。この悪玉コレステロールを減らす為にできる食事を紹介しようと思います。

 

 

一番は、バターやショートニングなど、動物性の脂肪の摂取を控えることです。

 

動物性の脂肪は飽和脂肪酸で、この成分を取りすぎる人は悪玉コレステロールを増やしているんです。

 

室温でも固形状である脂肪が飽和脂肪酸です。植物性の油は固形じゃないですからね!一目瞭然です。これを原料に使っている食品も同じくです。例えばバターをたっぷり使っているクロワッサンやクッキー、肉の脂をたっぷりつかうこってりラーメンや揚げ物などがそうです。

 

体に悪い物っておいしいんですよね・・・。私は唐揚げ大好きですが、ちょっと控えようかと思います。

 

次に、トランス脂肪酸の摂取を控えましょう。市販の焼き菓子やファーストフードに多く含まれている成分です。トランス脂肪酸というのは、悪玉コレステロールを悪化させ、さらには体への様々な悪影響を与えるそうです。動脈硬化や心臓疾患、アレルギーやアトピーなど・。

 

認知症や免疫にも問題を引き起こすそうです。ものすごく怖いですよね。健康のためには外食よりも、やっぱり自炊が一番です!

 

日々の食生活を少し変えるだけで、かなりの効果が期待できると思います。

 

例えば、朝食にパンを食べている人なら、ご飯と納豆・焼き魚などの典型的な日本の朝食に変えてみてはどうですか?脂質の少ない大豆食品や魚は、体にとってもいいですよ。どうしてもパンを食べたいのであれば、普通の白パンよりも雑穀を使ったパンに変えてみたり、バターを使う代わりにはちみつなどがいいですね。
肉よりも魚、こってりしたものよりさっぱりしたものを。お菓子を食べる代わりにフルーツを食べる。

 

料理をするときは、バターやサラダ油を使わないで、オリーブオイルやキャノーラのコレステロールゼロのものを使うだけで全然違います。
当然ですが野菜をたっぷり食べましょう。その時のドレッシングはマヨネーズよりも低カロリーのドレッシングやオリーブオイルがベストです。
食事制限というと難しく思いがちですが、ちょっとしたことでいいんですよ。体にいい食品を選ぶようにしてみましょう。

トップへ戻る