皮膚へのコラーゲン生成促進作用

皮膚へのコラーゲン生成促進作用

皮膚へのコラーゲン生成促進作用

.皮膚へのコラーゲン生成促進作用

海外では、ピクノジェノールはお肌を紫外線損傷から守ってくれる抗酸化物質として知られています。
ピクノジェノールを体内に取り込むことで「飲む化粧品」としても有名です。

 

体に入ったピクノジェノールは毛細血管の中を流れ、皮膚表皮まで浸透していき、そこで細胞一つ一つに作用してくれるのです。
まず、コラーゲン・エラスチンと結合してハリがあるお肌を作るお手伝いをします。

 

ピクノジェノールは皮膚のコラーゲン・エラスチンが含んでいるヒドロキシルプロリンというアミノ酸と結合しやすい性質をもっているので、強く結合し修復していくのです。
お肌の細胞の活性酸素を見つけたら、抗酸化作用で撃退していきます。

 

ピクノジェノールは酸化されてしまったビタミンCさえも元どおりの状態に修復できる作用があります。ビタミンCはプロリルヒドロキシラーゼがコラーゲンやエラスチンを合成する際に補酵素として働くため、修復してもらう必要があるためです。

 

 

お肌の炎症している箇所で働き、炎症を抑えてくれるのですが、大人ニキビにもその作用と抗菌作用、修復作用で改善が見られたと報告されています。
シミの元になるメラニン色素が合成されるのを抑制して、シミからお肌を守ります。
ちょっとネットでシミについてしらべたら
シミをまもるハイドロキノン配合の化粧品!プラスキレイのメーカーサイトもありました。
ハイドロキノンクリームの通販サイトです。

 

 

またお肌に傷があった場合、治癒を促進してくれます。
お肌にある傷にピクノジェノールを塗っていったところ、治るまでの日数が短くなったと報告がありました。
他には紫外線によるダメージを防止します。

 

お肌に紫外線が当たると活性酸素を発生させてしまい、日焼けにつながっていきます。
日焼けした肌は分厚く膨らんでしまいますが、ピクノジェノールを含ませたローションを使用していくと皮膚のふくらみは少なくなっていきます。
ピクノジェノール成分のプロシアニジンが紫外線を吸収するため、紫外線照射後、肌に塗って確認したのです。

 

さらにプロシアニジンの紫外線防御作用の他に抗炎症作用について確かめることができました。

 

トップへ戻る