LDLコレステロールを下げる運動

LDLコレステロールを下げる運動

コレステロール値、気にしてますか?

 

最近ネット上の掲示板で、「LDLコレステロール値が高いから、食事の改善と適度な運動をしてくださいと医者に言われました。どうしたらいいですか?」なんて質問を見かけます。

 

食事に関してはなんとなくわかる人もいるかと思いますが、適度な運動って何?って思いません?
コレステロール値を下げるために効果的な運動ってあるんでしょうか?

 

そもそも、コレステロール値を改善するために運動がいいというのは、代謝をアップさせるためです。
コレステロール値が高くなる原因の一つに、食事のカロリーオーバーがあります。運動することによって、脂質の代謝をアップさせれば、おのずとカロリー消費も多くなり、結果的にコレステロール値を下げることになるんですよ。

 

更に、運動の効果として中性脂肪を減らす効果があります。

 

運動に必要なエネルギーって筋肉内の成分を分解して使われているそうですが、足りなくなった場合は脂肪を分解して使うんですって。

 

中性脂肪が減ると、善玉コレステロールが増えるんです。

 

 

では、どんな運動が効果的なんでしょうか?

普段からあまり運動しない人が、突然ジムに通ってきついトレーニングをしても、結局続かなくてやめてしまうんじゃないでしょうか?それでは意味ないですよね。
どうせするのであれば続けられなければ意味がありません。

 

コレステロール注意

 

運動というとどうしてもトレーニングなどを思い浮かべますが、ちょっとしたウォーキングで十分なんですよ!歩数が多ければ多いほど、悪玉コレステロール値は減って善玉コレステロール値は高くなるんです。

 

善玉コレステロールは、運動を続ければ続けるほど増えて、やめるとすぐに元に戻ってしまうんだそうな。やっぱり継続が大事なんですね。

 

運動するのであれば、有酸素運動が一番効果的だそうです。水泳や体操、テニスやウォーキングなどが有酸素運動になります。

 

膝が痛いなど関節に不安を抱えている人であれば、水中歩行がおすすめです!水中なら負担も少なく、それでいて運動量は多くなるので効果はばっちりですよ。

 

適度な運動は、人によっては様々ですが、ほどよく楽しく続けられるものが一番です。
LDLコレステロールを減らすためには、有酸素運動を30分から40分程度継続しなければならないそうです。きつい運動じゃ長い時間続けるのは難しいですしね。

 

また、適度な運動はストレス発散にもつながります。汗を流したあとってすっきりしませんか?気分もリフレッシュ出来て、健康への意識も高まるんじゃないでしょうか。

 

トップへ戻る