【1.ピクノジェノールとは】

ピクノジェノールは、フランスボルドー地方やランド地方の海岸に生育する松の樹皮から抽出エキスで、主たる有効成分にプロシアニジン、カテキン、エピカテキン、フェノール酸など40種類以上のフラボノイドを含むポリフェノールです。

 

長年の研究により活性酸素を除去する作用、つまり「抗酸化作用」や、「血流改善作用」の力が大きい事がわかりました。
ピクノジェノールとは

 

この力は血管強化、老化防止、関節炎、月経不順、注意力障害、アトピー性皮膚炎、アレルギー体質の改善に有効であるとの報告がなされており、さらに肝臓の機能向上、中性脂肪低下、美肌効果、冷え性むくみ改善の確認もされています。

 

全て自然から得られるこの強力な「抗酸化作用」はビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上もあり、美容面ではコラーゲンの生成を促進させたりメラニン色素の生成を抑える作用があることから、健康面、美容面から評価が高い栄養補助食品です。

 

ビタミンCやEも抗酸化物質であり、活性酸素の攻撃から細胞を守ってくれますが、ピクノジェノールはビタミンCやEの力を増強し、さらに自身の持つ大きな抗酸化力を作用させることで、強力な活性酸素撃退効果を発揮してくれるのです。

 

活性酸素というのは、人体に悪い作用を及ぼすことが多い酸素で、ガンや生活習慣病の原因にもなっています。
この活性酸素の攻撃を受けると体中サビだらけになり、あちこちに支障がでてくるというわけです。

 

現代社会のストレスや喫煙の影響などを受けている人も、ピクノジェノールを摂取することで活性酸素の攻撃から身を守ることもできるでしょう。
さらに、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)に対する抗酸化力もあり、高脂血症や動脈硬化予防に効果があるのではと研究が進められています
他にもフランスでは下肢静脈瘤の治療に使われています。

 

ピクノジェノールとは

 

またピクノジェノールは100%天然の水溶性成分であるため、人体の組織にすうっと吸収されていき、細胞の隅々にまでその効果を発揮してくれる優れものです。
化学的に合成された医薬品と違い、現代社会では不足しがちな成分を補う事ができるすばらしい自然食品と言えるでしょう。

 

体に取り入れることで毛細血管から皮膚細胞にも効果が表れ、紫外線のダメージからお肌を守ってくれるということから、「飲む化粧品」として海外で知られています。
アメリカFDAの厳重な検査をパスし、世界中によく知られている栄養補助食品であり

 

ピクノジェノールについては、日本舗完・代替医療学会からその効果についていくつも論文発表されていますので安心して摂取して頂ける食品といえます。
摂取目安量は1日100〜300mgが目安です。

 

1000Kgの樹皮からわずか1Kgしか作られないというピクノジェノールは、貴重な成分であるとともに奇跡的な成分とも言えるでしょう。

 

トップへ戻る