高血圧のレシピ

高血圧の方向けのレシピについてですが、一般的なことですが、特に塩分制限を中心に言われていますよね。

 

塩分制限というより、塩分を体内に摂取しても体外に出せればいいんですよね。とすると、カリウムといって野菜や果物を取ることによって、塩分も一緒に出ていくんです。
または、私も大好きお豆さんです。といっても特に大豆のことですけど・・・

 

私も若いころは大豆はあまり意識しなくても食事の中に入っていました。
たとえば、味噌汁、卯の花、豆腐など・・・だけど、>ほとんどおいしいなんて思ってもいませんでした。

 

それより、肉、にく、ニクと野菜なんてさっぱり興味なしでした。

 

そのほか、洋食のものカレーライスやラーメンなど少々野菜が入ってはいても意識してとっているとは思えません。

 

成人して自分の体形を気になったころから、大豆に興味を持ち出しました。特にあまりカロリーがなくおなか一杯になれる大豆さんです

 

。大豆イソフラボンを食事から上手に取る方法は他にもいろいろあって、ブログやサイトに沢山紹介されていますから、是非参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

納豆と豆腐と味噌汁を一人前ずつ食べても、まず大豆イソフラボンを過剰摂取する事はないと言われています。それでは大豆のレシピをしょうかいしますね。

 

 

大豆のおかずでおいしいものの中にはやはりおから、卯の花ですね。実家のおばあちゃんがよくつくってくれましたが、じつは、この卯の花は、作る家によって全然違うんですよね。

 

中に入れる具材も全然違うし、それによって味も違いますから。また、柔らかさも違うんです。

 

実家のおばあちゃんのは、ぱさぱさだった。いつものどに引っかかり、味もピンとこない。確か、ちくわとねぎとだけひじきだけのようだったような・・・嫁に来ておばあちゃんがつくるうのはなはしっとりとしていておいしい。
ので、つくりかたを聞いたところ材料はそこにあるもの、いろんなものがはいってるんです。びっくりしました。いろんなものが入っているから、いろんな具材の味が混ざり合いちょうどいい味、おいしい味になってるんですね。

せっかくなので一般的なおからの作り方をご紹介します


おから   … 300g(なるべく新鮮なもので作ってみてくださいね。)
?人参    … 中サイズ1/2本(50g程度)
?油揚げ   … 2枚
?ごぼう   … 1本
?ねぎ    … 適宜
oかつおだし … 500ml程度
o薄口醤油  … 大さじ2〜3
o砂糖    … 大さじ2〜3
o味醂    … 大さじ2〜3
oサラダ油  … 100ml(大

 

それでは、次に、作り方を説明します

 

 

 

トップへ戻る