食べ方について続き

食べ方についての続きですが、食事に対して食材に対して、体にいいものイコール薬と思って食べてもおいしくないですよね。それと、前に食べた食事が残っていておなかが減っていないのに、つい時間がきたからとか、お昼だからだとかで食べちゃう・・・これも、ありがち。悲しいかな、私もです。よく主人と休みに出かけると、「今日はお昼抜きー。

 

とか、お昼すぎたでたべんとくかー」っていわれます。必死で、「そんなー私お昼ぬくなんてかんがえられん」といってねだります。

 

そういえば、その時主人が、「お腹減らして食べるといつもよりおいしいとおもわんか」といってました。おいしく食べるために、へらかしてたんかと今気づきました。胃腸の整調のためにプチ断食をされるかたも聞いたことありますが、体の調整も必要なんですね。
それでは、食事から運動的なことに移ります。

 

健康には、運動がつきものです。高血圧の人にも運動は必要なんですよ。血液が動きますから。(程々に考えてですが・・・)普段歩かず、車ばかりの移動で、職場も座りっぱなしの事務的な職業の方など、体を動かさない限り、どこかで血管は圧迫してますからね。

 

私も座りっぱなしだと、だんだん足が、特にひざ下から冷たくなり、後には、指先まで冷たくなってくるんですよ。
(背中に暖房かかえていても・・・)たったり、すると血管の血液がどーっと流れるのがわかります。

 

だから、運動することって大切なんだとおもうようになりました。今、私はなるべく歩くようにしています。すると、最初はそうでなくても、時間がすすむとともに、息が少し荒くなり、沢山酸素をすってはきます。そして、今度は体中が熱くなって時期に汗が出ます。人間の体って本当に関心します。というように、体の隅々の血管まで血液が移動して新たな血液にかわるという。

 

常に新鮮な血液が通ってるという状態。しもやけって汚い血液がたまるからよくないので、よく針で汚い血液をだして楽になったという人ききますよね。

 

高血圧の方も無理しない程度で、また、体と相談しながらあるいてみるのはどうでしょか。普段、歩いているひとと、そうでない人の血管の血液の流れ方も違うそうです。

 

階段を子供の友達の私より10歳若いお母さんと一緒に上ったとき気づいたら「まってー」と声が下から聞こえ、あらまーとおもったことがありましたもん。
毎日少しずつだけど、積み重ねってあとには、力になるんですね。

トップへ戻る